すすはき
煤掃

冒頭文

井桁古びた天井に 鼠の夢を驚かして 今朝年越しの煤拂ひ、 主人七兵衞いそいそと 店の小者を引具して 事に堪ふべく見えにけり。 さて若衆のいでたちや 奴冠りに筒袖の 半纏すがた意氣なるに 帶ぶや棕梠の木竹箒、 事あり顏に見交して 物物しくも構へたり。 お花、梅吉、喜三郎 ことし十五の小性とて 娘お蝶がませぶりを さげすみしたる樣もなく 家代代の重寶を そつと小縁に運

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日