かんしゃ
感謝

冒頭文

野のはて夕暮雲かへりて しだいに落ちくる夕雲雀の 有心(うしん)の調さへしづみゆけば かすかに頬(ほほ)うつ香ひありて 夜の闇頒ちて幕(とばり)くだる。 自然は地にみつ光なりや 今日はめぐりて山に入れど 見よかの大空姿優(いう)に 夜の守月姫宮をいでて 唱ふをきかずや人の子等は。 ああ君倦(う)んずる額をあげて 不滅の生命(いのち)をさとり得なば 胸うちたたいて大神には

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 萩原朔太郎全集 第三卷
  • 筑摩書房
  • 1977(昭和52)年5月30日