もちのうた ――ぜんのうのはやしえんぞうしに――
餅の歌 ――全農の林延造氏に――

冒頭文

餅とは 何と 鋤き返された幼い南の郊外の野の思い出のように 甘いものだろう! 高岡の ひとりぼっちの 叩き廻っても後の沼地一ぱいがらんどうな響きしかはね返してこぬ 豚箱の中で 僕はしみじみと生のうどんの皮をひっぺかしながら そう思った それは 青い蚊帖が雨上りの甘酸っぱい臭いをたてながら 差入れの風鈴と一しよにゆさ〳〵揺れていた時だった! 背の低い 長髪の いつも怒っ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 槇村浩詩集
  • 平和資料館・草の家、飛鳥出版室
  • 2003(平成15)年3月15日