〔せなうちいたみいきあつく〕
〔せなうち痛み息熱く〕

冒頭文

せなうち痛み息熱く 待合室をわが得るや 白き羽せし淫れめの おごりてまなこうちつむり かなためぐれるベンチには かつて獅子とも虎とも呼ばれ いま歯を謝せし村長の 頬明き孫の学生(がくしやう)を 侍童のさまに従へて 手袋の手をかさねつゝ いとつゝましく汽車待てる 外の面俥の往来して 雪もさびしくよごれたる 二月の末のくれちかみ 十貫二十五銭にて いかんぞ工場立たんなど

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第六巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年2月15日