〔しゅろのはややにけいれんし〕
〔棕梠の葉やゝに痙攣し〕

冒頭文

棕梠の葉やゝに痙攣し 陽光横目に過ぐるころ 湯屋には声のほのかにて 溝(どぶ)水ほとと落ちたるに 放蕩無頼の息子の大工 このとき古きスコットランドの 貴族風して戻り来れり

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第六巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年2月15日