ゆりをほる
百合を掘る

冒頭文

百合掘ると  唐鍬(トガ)をかたぎつ ひと恋ひて  林に行けば 濁り田に   白き日輪 くるほしく  うつりゆれたる 友らみな   大都のなかに 入学の    試験するらん われはしも  身はうち疾みて こゝろはも  恋に疲れぬ 森のはて   いづくにかあれ 子ら云へる  声ほのかにて はるかなる  地平のあたり 汽車の音   行きわぶごとし このまひる  鳩のまねして

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第六巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年2月15日