〔ふたがわここにてかいしたり〕
〔二川こゝにて会したり〕

冒頭文

(二川こゝにて会したり) (いな、和賀の川水(みづ)雪代ふ 夏油(ゲタウ)のそれの十なれば その川ここに入ると云へ) 藍と雪とのうすけぶり つらなる尾根のかなたより 夏油(ゲタウ)の川は巌截りて ましろき波をながしきぬ

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第六巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年2月15日