しじゅうはち よみじ
四八 黄泉路

冒頭文

アリイルスチュアール 一九二七 (房中寒くむなしくて 灯は消え月は出でざるに 大なる恐怖(クフ)の声なして いま起ちたるはそも何ぞ!…… わが知るものの霊(たましひ)よ 何とてなれは来りしや?)   (君は云へりき わが待たば    君も必ず来らんと……) (愛しきされど愚かしき 遙けくなれの死しけるを 亡きと生けるはもろ共に 行き交ふことの許されね いざは

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第六巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年2月15日