〔りんごのみきのはいのひかり〕
〔りんごのみきのはひのひかり〕

冒頭文

りんごのみきのはひのひかり 腐植のしめりのつちに立てり 根ぎはの朽ちの褐なれば どう枯病をうたがへり 天のつかれの一方に その果(み)朱金をくすぼらす

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 新修宮沢賢治全集 第六巻
  • 筑摩書房
  • 1980(昭和55)年2月15日