まつのみさおびじんのいきうめ 01 じょ
松の操美人の生埋 01 序

冒頭文

居士は東京(とうけい)に生れ東京(とうけい)に長(そだ)ちたる者なり。僅に人事を解せしより、市川團十郎氏の演劇(しばい)と三遊亭圓朝氏の談芸(はなし)を好み、常に之を見、之を聞くを以て無上の楽しみと為せるが、明治九年以来当地に移住せるを以て、復両氏の技芸を見聞する能わず。只新聞雑誌の評言と、在京知人の通信と、当地の朋友が東京帰りの土産話とに依て、二氏の技芸の、歳月と共に進歩して、團十郎氏が近古歴史

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 圓朝全集 巻の五
  • 近代文芸資料複刻叢書、世界文庫
  • 1963(昭和38)年8月10日