おぼうさんのふ
阿房山賦

冒頭文

王政興ツテ四海一ナリ。廃藩速ニシテ布告出ヅ。三百余家ヲ一変シテ華族ト改称ス。家来国ニ残ツテ独リ召サレ直チニ東京ニ赴ク。身分楽々トシテ流レテ遊蕩トナリ、酒宴ニ一酌妓楼ニ一泊、細帯漫ク回シテ洋帽高ク戴ケリ。各美人ヲ抱テ放心逸楽、快々焉タリ欣々焉タリ。纏頭散財積ンデ其幾千万両ナルヲ知ラズ。柳橋ニ涎ヲ垂ラスハ未ダ陰ナラザルニ何ノ雨ゾ、金春ヲ空ニ歩行クハ眠ラザルニ何ノ夢ゾ、大抵酩酊シテ東西ヲ知ラズ。芝居ノ見

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 柳北全集
  • 文藝倶楽部、博文館
  • 1897(明治30)年7月9日