かざんのはなし
火山の話

冒頭文

一、はしがき わが日本(につぽん)は地震(ぢしん)の國(くに)といはれてゐる。また火山(かざん)の國(くに)ともいはれてゐる。地震(ぢしん)や火山(かざん)が多(おほ)いからとて御國自慢(おくにじまん)にもなるまいし、強(つよ)い地震(ぢしん)や激(はげ)しい噴火(ふんか)が度々(たび〳〵)あるからとて、外國(がいこく)に誇(ほこ)るにも當(あた)るまい。實際(じつさい)この頃(ごろ)の

文字遣い

旧字旧仮名

初出

底本

  • 星と雲・火山と地震
  • 日本児童文庫、復刻版、名著普及会
  • 1982(昭和57)年6月20日