しほんたいへいき 07 ちはやじょう
私本太平記 07 千早帖

冒頭文

勝負(しょうぶ)の壇(だん) 正成は弓杖をつき、すこし跛(びっこ)をひいていた。 もっとも、千早の城兵はいま、五体満足なのはほとんど少ない。将たちもみなどこかには、怪我か手傷を負(お)ッていた。 でなければ病人である。 「……が、了現(りょうげん)」 いま、その病棟(びょうとう)を見舞って出てきた正成は、うしろの、安間了現をふりむいて、 「意外にみな元気

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 私本太平記(四)
  • 吉川英治歴史時代文庫、講談社
  • 1990(平成2)年3月11日第1刷