しほんたいへいき 04 ていごくじょう
私本太平記 04 帝獄帖

冒頭文

山門の二皇子 ここで日と月は、少し以前へもどるが。 足利家の大蔵邸に預けられていた囚人僧(めしゅうどそう)のひとり忠円が、鎌倉表から越後へ流されて行った前後に、その忠円の密使らしい者が、叡山(えいざん)の坂本にある山門の別当へ、 「なにとぞ、これを大塔(だいとう)ノ法親王(ほうしんのう)さまへ、お直々(じきじき)に」 と、一書を投じて去った事実がある。 そ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 私本太平記(三)
  • 吉川英治歴史時代文庫、講談社
  • 1990(平成2)年3月11日