しほんたいへいき 02 ばさらじょう
私本太平記 02 婆娑羅帖

冒頭文

乱鳥図(らんちょうず) 都は紅葉しかけている。 高尾も、鞍馬も。 その日、二条加茂川べりの水鳥亭(すいちょうてい)は、月例の“文談会(ぶんだんかい)”の日であった。 流れにのぞむ広間の水欄(すいらん)には、ちらほら、参会者の顔も見えはじめ、思い思いな水鳥の群れに似た幾組かを、ここかしこに作りあっていた。 「いいなあ、秋の水音は」 「肌ごこち、なんともいえ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 私本太平記(一)
  • 吉川英治歴史時代文庫、講談社
  • 1990(平成2)年2月11日