さんごくし 09 となんのまき
三国志 09 図南の巻

冒頭文

日輪(にちりん) 一 呉侯の妹、玄徳の夫人は、やがて呉の都へ帰った。 孫権はすぐ妹に質(ただ)した。 「周善はどうしたか」 「途中、江の上で、張飛や趙雲に阻(はば)められ、斬殺されました」 「なぜ、そなたは、阿斗(あと)を抱いてこなかったのだ」 「その阿斗も、奪(と)り上げられてしまったのです……それよりは、母君のご病気はどうなんです。すぐ母君へ会わせて下さい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 三国志(七)
  • 吉川英治歴史時代文庫、講談社
  • 1989(平成元)年5月11日