なるとひちょう 03 きそのまき
鳴門秘帖 03 木曾の巻

冒頭文

送り狼 未明のうちに、本郷森川宿(じゅく)を出たお綱と万吉とが、中仙道をはかどって、もうそろそろ碓氷峠(うすいとうげ)の姿や、浅間の噴煙(けむり)を仰いでいようと思われる頃、——三日おくれて、同じ中仙道の宿駅に、三人づれの浪人を見ることができる。 それが、例の、お十夜と、一角と周馬であった。 こん度の旅は、無論、お綱と万吉のあとを追って、そのうえに、法月弦之丞(のりづ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 鳴門秘帖(二)
  • 吉川英治歴史時代文庫3、講談社
  • 1989(平成元)年9月11日