みやもとむさし 06 そらのまき
宮本武蔵 06 空の巻

冒頭文

普賢(ふげん) 一 木曾路へはいると、随所にまだ雪が見られる。 峠の凹(くぼ)みから、薙刀(なぎなた)なりに走っている白い閃(ひらめ)きは、駒ヶ岳の雪のヒダであり、仄紅(ほのあか)い木々の芽を透(す)かして彼方に見える白い斑(まだら)のものは、御岳(おんたけ)の肌だった。 だがもう畑や往来には、浅い緑がこぼれている。季節は今、なんでも育つ盛(さか)りなのだ。踏ん

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 宮本武蔵(五)
  • 吉川英治歴史時代文庫18、講談社
  • 1989(平成元)年12月11日