つゆのあとさき
つゆのあとさき

冒頭文

一 女給(じょきゅう)の君江(きみえ)は午後三時からその日は銀座通のカッフェーへ出ればよいので、市(いち)ヶ谷(や)本村町(ほんむらちょう)の貸間からぶらぶら堀端(ほりばた)を歩み見附外(みつけそと)から乗った乗合自動車を日比谷(ひびや)で下りた。そして鉄道線路のガードを前にして、場末の町へでも行ったような飲食店の旗ばかりが目につく横町(よこちょう)へ曲り、貸事務所の硝子窓(ガラスまど)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • つゆのあとさき
  • 岩波文庫、岩波書店
  • 1987(昭和62)年3月16日改版第1刷