しせいにかんするいくつかのだんそう
死生に関するいくつかの断想

冒頭文

1 七月二五日。 今週は思いがけない訪問が三つ、わが家にあった。 最初のものは、井戸掃除職人たちだった。毎年すべての井戸は空にされ、掃除され、井戸の神様である水神様が荒れ狂わないようにしなければならない。この時に、私は、日本の井戸と、ミズハノメノミコト(水波能売命)とも呼ばれる二つの名を持つ井戸の守り神にまつわるいくつかの事柄を知ったのだった。 水神様は、屋敷の持ち主が浄めに

文字遣い

新字新仮名

初出

底本