おんなのくび
女の首

冒頭文

新吉は公園の活動写真館の前を歩きながら、今のさき点(つ)いたばかりの白昼(ひる)のような電燈の光に浮き出て見える群集の顔をじろじろ見ていたが、思い出したようにその眼を活動写真館の看板絵にやった。しかし、それは色彩の濃い絵を見るためではなかった。彼はまたむこうの方へ真直(まっすぐ)にずんずんと歩きだした。しかし、それに目的があるためでもなかった。 新吉はまた元のように擦(す)れ違う人の顔を

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本怪談大全 第一巻 女怪の館
  • 国書刊行会
  • 1995(平成7)年7月10日