みなとのようふ
港の妖婦

冒頭文

Ⅰ 山根謙作(やまねけんさく)は三(さん)の宮(みや)の停留場を出て海岸のほうへ歩いていた。謙作がこの土地へ足を入れたのは二度目であったが、すこしもかってが判らなかった。それは十四年前、そこの汽船会社にいる先輩を尋ねて、東京から来た時に二週間ばかりいるにはいたが、すぐ支那(しな)の方へ往ってその年(ねん)まで内地に帰って来なかったので、うっすらした輪廓(りんかく)が残っているだけであった

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本怪談大全 第一巻 女怪の館
  • 国書刊行会
  • 1995(平成7)年7月10日