よりとものさいご
頼朝の最後

冒頭文

Ⅰ 建久(けんきゅう)九年十二月、右大将家(うだいしょうけ)には、相模川(さがみがわ)の橋供養の結縁(けちえん)に臨(のぞ)んだが、その帰途馬から落ちたので、供養の人びとに助け起されて館(やかた)へ帰った。その橋供養と云うのは、北条遠江守(ほうじょうとおとうみのかみ)の女(むすめ)で、右大将家の御台所政子(みだいどころまさこ)には妹婿(いもうとむこ)になる稲毛(いなげ)三郎重成(しげなり

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本怪談大全 第一巻 女怪の館
  • 国書刊行会
  • 1995(平成7)年7月10日