あかいはな
赤い花

冒頭文

Ⅰ 明治十七八年と云えば自由民権運動の盛んな時で、新思潮に刺戟(しげき)せられた全国の青年は、暴戻(ぼうれい)な政府の圧迫にも屈せず、民権の伸張に奔走していた。その時分のことであった。 東京小石川(こいしかわ)の某町に、葛西(かさい)と云って、もと幕臣であった富裕な家があって、当主の芳郎(よしろう)と云うのは仏蘭西(フランス)がえりの少壮民権家として、先輩から望みを嘱(しょく)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 日本怪談大全 第一巻 女怪の館
  • 国書刊行会
  • 1995(平成7)年7月10日