れきしとはなにか
歴史とは何か

冒頭文

世界の文化民族の多くは、その文化が或る程度に発達して文字が用ゐられて来ると、今日常識的に歴史的記録といはれるやうなものを何等かの形に於いて作り、さうしてそれを後世に伝へた。さういふものの由来、特にその前の段階としてのいひ伝へのこととか、民族によるその特殊性とか、またはそれらがどれだけ事実を伝へてゐるかとか、いふやうなことは、別の問題として、今はたゞそれらが主として人のしたこと人の行動を記したもので

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻99 歴史
  • 作品社
  • 1999(平成11)年5月25日