おもいだすままに 「ぶんげいしゅんじゅう」ときくちと
思ひ出すままに 「文藝春秋」と菊池と

冒頭文

私が「文藝春秋」の創刊号を見たのは、たしか、本屋の店頭であつた。しかし、今から思ふと、いくら呑気な大正時代でも、あんな粗末な体裁のわるい薄(うす)つ片(ぺら)な雑誌が、数多(あまた)の名のある雑誌がならんでゐる店頭で、目につく筈がない。が、又、考へ方によつては、なるべく目に立つやうにとさまざまに工夫をこらした沢山の雑誌の表紙がならんでゐる店頭の隅に、もし、あの「文藝春秋」が、置かれてゐた、とすれば

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 日本の名随筆 別巻96 大正
  • 作品社
  • 1999(平成11)年2月25日