りように
俚謡二

冒頭文

こい((恋))わしはん((思案))のほかとやら あなど((長門))のせとのいなりまち((稲荷町)) ねこもしやくしもおもしろふ あそぶくるわ((廓))のはるげしき((春景色)) ここにひとりのさるまハし((猿廻し)) たぬきいつぴき((一匹))ふりすてゝ 義利((理))もなさけもなきなみだ((涙)) ほかにこゝろハあるまいと かけてちかいし山の神 うちにいるのにこゝろのやみぢ((闇路)) さぐり〳

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日