ぞく てがみ 18 じゅんすけあて(すいてい、けいおうさんねんじゅういちがつとおか)
続 手紙 18 順助あて(推定、慶応三年十一月十日)

冒頭文

先日も愚書さし出申候。御返書いまだ達し不(レ)申、然に彼寺田屋のよくめの金於((を))私でふつごふに候間、元と金百両が出来ねば先日さし出候書の如く、去年よりの利金十八両だけなりとも、此使へ御渡し奉於(レ)願候。せめて利なりとも渡しことわり不於(レ)置ては、何分ふつがふに候。御ゆづう可於(レ)被於(レ)下候。其為人さし出申候。但使の名大浜三郎平がさしつかへ居候所へ参り候間、此者へ金御渡可於(レ)被於

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日