ぞく てがみ 17 たかまつたろうあて(すいてい、けいおうさんねんしちがつにじゅうごにち)
続 手紙 17 高松太郎あて(推定、慶応三年七月二十五日)

冒頭文

舌代 一、大極丸の水夫、人を殺し候由。此事ハ西郷より申来リ候ニ付、小弟宜しく引合致し置候。此度毛利、望月が下坂致し候ニ付、諸事頼置候。何のわけも無事なるべしと奉(レ)存候。 一、昨日ハ御書拝見又別紙ニも大坂の町ぶれなど——より送りくれ候ニ付、其御地の御もよふ能((よく))わかり申候。 一、大極丸此頃荷物積込などもすみ候よし。然レバ彼西村((大坂役人))源吉方へ頼置フラフ((旗カ))御受取

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日