ぞく てがみ 15 いとうすけだゆうあて(ねんげつみしょう、よっか。すいてい、けいおうさんねんさんがつ)
続 手紙 15 伊藤助太夫あて(年月未詳、四日。推定、慶応三年三月)

冒頭文

私の志し実ニ十二ぶんもはこび申候間、則大兄ニも兼而御同意の事故、天下の大幸と御よろこび可(レ)被(レ)遣候。 何((いづれ))夕方までの内、御咄し仕候。又商会のものも御引合仕候。 四日 草々頓首。 九三老兄 御直披 龍

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日