ぞく てがみ 13 いとうすけだゆうあて(すいてい、けいおうさんねんはるごろ、ふつか)
続 手紙 13 伊藤助太夫あて(推定、慶応三年春頃、二日)

冒頭文

土佐の定宿((じようやど))に御引取申候つもりニ候間、今夕方まで其方もとに御止り可定宿(レ)被定宿(レ)遣候、早〻。 二日 龍 九三様 才谷 御直披

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日