ぞく てがみ 11 さかもとはるいあて(すいてい、けいおうにねんあき、にじゅうよっか)
続 手紙 11 坂本春猪あて(推定、慶応二年秋、二十四日)

冒頭文

此つば((鍔))肥前より送りくれ候ものにて、余程品よろしくと段々申もの御座候。江戸などにてハ古道具やなどほしがり申候なり。何卒御養子のこし((腰))ニ止り候よふ、希入候。 此頃、外国のおしろいと申もの御座候。 近々の内、さしあげ申候間、したゝか御ぬり被こし(レ)成たく存候。御まちなさるべく候。かしこ。 廿四日 龍馬 春猪御前

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日