ぞく てがみ 09 あてさき、ねんがっぴ、みしょう(すいてい、けいおうにねんごがつげじゅん、おりょうあて)
続 手紙 09 宛先き、年月日、未詳(推定、慶応二年五月下旬、お龍あて)

冒頭文

右の本を御こし可(レ)被(レ)遣候。太刀のゑがかいてあるナリ。 やどにてかりてあるたんすのひきだしの下タのはしのひきだしに、白ラさや((鞘))のたんとふ((短刀))がある。 御こし可たんとふ(レ)被たんとふ(レ)遣((つかはさるべく))候。 才谷梅太郎 謹付遣(二)貴价遣(一)遣((つつしんできかいにふし))申候。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日