ぞく てがみ 07 ばっかくようじんあてか(すいてい、けいおうにねんさんがつ)
続 手紙 07 幕閣要人あてか(推定、慶応二年三月)

冒頭文

幕の為に論ずれバ、近日要路に内乱起り、相疑相そしり益不(レ)可(レ)通と言勢となるべし。 当時実に歎ずべきハ伏水((見))にとりのがしし浪人の取落セし書面を以て、朝廷にもぢいて論にかけ、ついに会津人陽明家をなじり此郷((ママ))御立腹など在此郷(レ)之候よし、したしく聞申たり。 是幕中内乱を生じ申べき根本たるべし。 当時ニ在りて幕府をうらみ奉るもの在れバ、天幸の反間と申べし。彼浪人「其人」 

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日