ぞく てがみ 06 あてさき、ねんがっぴ、みしょう(すいてい、けいおうがんねんあき、さかもとおとめあて)
続 手紙 06 宛先き、年月日、未詳(推定、慶応元年秋、坂本乙女あて)

冒頭文

西町蔵母ハいかゞ、定((さだめし))きづかいなるべし。然レバ蔵ハ此頃相不定(レ)変一軍四百人計の参謀となり、戦場ニも鞭をとり、馬上ニて見廻りなど仕候。事なき時ハ自ら好て軍艦ニ乗組候て稽古致し候。勢盛なる事ニて候。先日もはからずあい申候て色〻大はなし致し候。むかし西町のさハぎなどたがいニ申、実ニおもしろし。かの方へ御申し。 かしこ。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日