ぞく てがみ 03 あてさき、ねんみしょう(すいてい、げんじがんねんくがつじゅうごにち、かつかいしゅうあて)
続 手紙 03 宛先き、年未詳(推定、元治元年九月十五日、勝海舟あて)

冒頭文

龍馬 謹白 黒龍丸の船将云〻の議論もて、其御船を軍艦となし、大炮を積、数年交代しつゝ、且ハ神戸をも守らむといふ。 軍艦といはゞ江戸の外の物ならぬ心より、 右の論に決せむ。九月拾五日、故に左の愁願をなせり。

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日