ぞく てがみ 01 きよいけんじろうあて(すいてい、あんせいねんかん、ごがつにじゅうごにち)
続 手紙 01 清井権二郎あて(推定、安政年間、五月二十五日)

冒頭文

愈〻御安全之由、奉(レ)賀入候。然バ銭之議御申越被(レ)下候得共、此節一向ニ銭切ニ而困入申候。此間之中ニ田舎より登候ハバ、其節差上可(レ)申候。 (不明) 坂本龍馬 五月廿五日 清井権二郎殿(不明)

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日