わらわなかったしょうねん
笑わなかった少年

冒頭文

ある日(ひ)のこと、学校(がっこう)で先生(せんせい)が、生徒(せいと)たちに向(む)かって、 「あなたたちはどんなときに、いちばんお父(とう)さんや、お母(かあ)さんをありがたいと思(おも)いましたか、そう感(かん)じたときのことをお話(はな)しください。」と、おっしゃいました。 みんなは、目(め)をかがやかして、手(て)をあげました。最初(さいしょ)にさされたのは、竹内(たけうち)

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本小川未明童話全集 10
  • 講談社
  • 1977(昭和52)年8月10日