まさちゃんとあかいりんご
政ちゃんと赤いりんご

冒頭文

田舎(いなか)のおばあさんから、送(おく)ってきたりんごがもう二つになってしまいました。 「政(まさ)ちゃんなんか、一日(にち)に三つも、四つも食(た)べるんだもの。」 「僕(ぼく)なんか、そんなに食(た)べやしない。勇(いさむ)ちゃんこそ三つも四つもたべたんだい。」 二人(ふたり)は、いい争(あらそ)いました。そして、残(のこ)った二つのりんごを、どちらが大(おお)きいか、めいめい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本小川未明童話全集 10
  • 講談社
  • 1977(昭和52)年8月10日