はなとあかり
花とあかり

冒頭文

母(はは)ちょうは子(こ)ちょうにむかって、 「日(ひ)が山(やま)に入(はい)りかけたら、お家(うち)へ帰(かえ)ってこなければいけません。」とおしえました。 子(こ)ちょうは、あちらの花畑(はなばたけ)へとんでいきました。赤(あか)い花(はな)や青(あお)い花(はな)や、白(しろ)い、いい香(にお)いのする花(はな)がたくさん咲(さ)いていました。 「これはみごとだ、うれしい

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本小川未明童話全集 10
  • 講談社
  • 1977(昭和52)年8月10日