となりむらのこ
隣村の子

冒頭文

良吉(りょうきち)は、重(おも)い荷物(にもつ)を自転車(じてんしゃ)のうしろにつけて走(はし)ってきました。 その日(ひ)は、あつい、あつい日(ひ)でした。そこは大(おお)きなビルディングが、立(た)ち並(なら)んでいて、自動車(じどうしゃ)や、トラックや、また自転車(じてんしゃ)が往来(おうらい)して、休(やす)むようなところもなかったのです。 そのうち、濠端(ほりばた)へ

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本小川未明童話全集 10
  • 講談社
  • 1977(昭和52)年8月10日