がっこうのさくらのき
学校の桜の木

冒頭文

ある、小学校(しょうがっこう)の運動場(うんどうじょう)に、一本(ぽん)の大(おお)きな桜(さくら)の木(き)がありました。枝(えだ)を四方(しほう)に拡(ひろ)げて、夏(なつ)になると、その木(き)の下(した)は、日蔭(ひかげ)ができて、涼(すず)しかったのです。 子供(こども)たちは、たくさんその木(き)の下(した)に集(あつ)まりました。中(なか)には、登(のぼ)って、せみを捕(と

文字遣い

新字新仮名

初出

底本

  • 定本小川未明童話全集 10
  • 講談社
  • 1977(昭和52)年8月10日