てがみ 120 けいおうさんねんじゅういちがつじゅうさんにち(すいてい)むつむねみつあて
手紙 120 慶応三年十一月十三日(推定)陸奥宗光あて

冒頭文

一、さしあげんと申た脇ざしハ、まだ大坂の使がかへり不(レ)申故、わかり不(レ)申。 一、御もたせの短刀はさしあげんと申た私のよりは、よ程よろしく候。但しの銘及形。  是ハまさしくたしかなるものなり。然るに大坂より刀とぎかへり候時ハ、見せ申候。 一、小弟の長脇ざし御らん被中心(レ)成度とのこと、ごらんニ入レ候。 十三日 謹言。 陸奥老台 自然堂 拝

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日