てがみ 119 けいおうさんねんじゅういちがつじゅういちにち はやしけんぞうあて
手紙 119 慶応三年十一月十一日 林謙三あて

冒頭文

十日御認の御書、十一日ニ相達拝見仕候。段〻の御思召能((よく))相わかり申候。そが中ニも蝦夷の一条は別して兼而((かねて))存込の事故、元より御同意仕候。別紙二通此度愛進((沢村惣之丞))ニさし送り申候間、内〻御一覧の上、其上を封じ御送り可愛進(レ)被愛進(レ)成、然レバ愛進より何ぞ申出候べしと奉愛進(レ)存候。 其上御考可愛進(レ)被愛進(レ)成、私儀もひまを得候へバ下坂可愛進(レ)仕、外に用

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日