てがみ 111 けいおうさんねんじゅうがつとおかごろ ごとうしょうじろうあて
手紙 111 慶応三年十月十日頃 後藤象二郎あて

冒頭文

去ル頃御健((建))言書ニ国躰を一定し政度ヲ一新シ云々の御論被健(レ)行候時ハ、先ヅ将軍職云云の御論は兼而も承り候。此余幕中の人情に不健(レ)被健(レ)行もの一ヶ条在健(レ)之候。其儀は江戸の銀座を京師ニうつし候事なり。此一ヶ条さへ被健(レ)行候得バ、かへりて将軍職は其まゝにても、名ありて実なけれバ恐るゝにたらずと奉健(レ)存候。此所に能々((よくよく))眼を御そゝぎ被能々(レ)成、不能々(レ)行

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日