あぜみち
畦道

冒頭文

国府台から中山を過ぎて船橋の方へと松林に蔽はれた一脈の丘陵が延長してゐる。丘陵に沿うてはひろ〴〵した平野が或は高く或は低く、ゆるやかに起伏して、単調な眺望にところ〴〵画興を催すに足るべき変化を示してゐる。 市川に移り住んでから、わたくしは殆ど毎日のやうに処を定めずそのあたりの田舎道を歩み、人家に遠い松林の中または窪地の草むらに身を没して、青空と雲とを仰ぎ、小鳥と風のさゝやきを聞き、初夏の

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • ふるさと文学館 第一三巻 【千葉】
  • ぎょうせい
  • 1994(平成6)年11月15日