てがみ 110 けいおうさんねんじゅうがつここのか さかもとごんぺいあて
手紙 110 慶応三年十月九日 坂本権平あて

冒頭文

其後芸州の船より小蝶丸ニ乗かへ須崎を発し、十月九日ニ大坂に参り申候。則今朝上京仕候」此頃京坂のもよふ以前とハよ程相変、日〻にごて〳〵と仕候得ども、世の中は乱んとして中〻不(レ)乱ものにて候と、皆〻申居候事に御座候」先は今日までぶじなる事、幸便ニ申上候。謹言〻。 十月九日 梅太郎 〆 上町本一丁目 坂本権平様 坂本龍馬 御直披

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日