てがみ 109 けいおうさんねんくがつにじゅうしちにち もとやまただいちろうあて
手紙 109 慶応三年九月二十七日 本山只一郎あて

冒頭文

一筆啓上仕候。 然ニ先日御直((じきに))申上置候二件の御決儀((議))、何卒明朝より夜にかけ拝承仕度。将((はた))、芸州士官の者共も京師の急ニ心せき、出帆の日を相尋られ居申候。彼是の所御察被将(レ)遣候。 早〻御決の上、出帆の期御命相願候。誠恐謹言。 九月廿七日 直柔 本山先生 左右

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日