てがみ 095 けいおうさんねんはちがつげじゅん ささきたかゆきあて
手紙 095 慶応三年八月下旬 佐々木高行あて

冒頭文

先、西郷、大久保越中の事、戦争中にもかたほ((片頬))にかゝり一向忘れ不かたほ(レ)申、若しや戦死をとげ候とも、上許両人の自手にて唯一度の香花をたむけくれ候得ば、必ず成仏致し候こと既に決論の処なり。然るに唯今にも引取り可かたほ(レ)申とて糞をくらへと鎮台に攻かけ居り候。何とぞ今少し〳〵と待つてたべと申来り候間、例の座敷をことはり候て、皆はねかえり足を空にして昼寝をし居申候。何は兎もあれ他人は他人に

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日