てがみ 092 けいおうさんねんはちがつにじゅうよっか ささきたかゆきあて
手紙 092 慶応三年八月二十四日 佐々木高行あて

冒頭文

此度、石田英吉の船中は、兼て衣服少なき諸生なれば甚だ気の毒なり。金を御つかはしなれば、早速に求候。もし先生の御著ものでも御つかはし遣さる可く候や。右英吉は非常用向申候義は、官より右よふの事あて御つかはしにて可(レ)然かと奉(レ)存候。何卒宜御取計奉(レ)願候。謹言。 龍拝 佐々木様

文字遣い

新字旧仮名

初出

底本

  • 龍馬の手紙、宮地佐一郎
  • 講談社学術文庫、講談社
  • 2003(平成15)年12月10日